工事部・工務部の仕事

安全で快適な生活を支える基盤を造る。
道路や河川、農地などの整備、修復を続けることで皆様の生活を守り、
人々の生活環境に欠かせない社会基盤を造り、
日本経済や国民生活を支えていく事が私たちの仕事です。

道路工事

道路を新たに造る新設工事や維持・修繕などの改修工事。

快適に道路を使えるように、造ったり、修復したりしています。
社会と地域の人の役に立ち、生活する人に住みやすい社会基盤を提供することで、皆様を支える仕事です。

下水道工事

公共下水道本管の埋設や敷地内の生活排水を下水道本管でつなぐ工事。

快適な生活を送るうえで必要な下水道工事をしています。普段、地中に埋まっていて見ることはないと思いますが、地域の人がいつも通りで変わらない生活を過ごせるよう作業に取り組んでいます。

農業土木工事

農業の土地および労働の生産性を高め、農用地の保全上の能力を高める工事。

生産者がその地で作物を生産する際に、土地を利用上何らかの土地的欠陥があった時に土木技術を駆使し、その欠陥を修正、改良。農業の発展のために取り組んでいます。

解体工事

建て替えまたは新築工事をするときに在来の建物を撤去する工事。

新しく建築物を建てる場合、既に建っている物は壊さなければなりません。建築と同様に解体は必要な仕事です。危険と隣り合わせなので安全第一はもちろん周囲にも気を配って作業しています。

土木技術者として現場の管理を行う工事部と
土木技能者として現場で作業に当たる工務部がございます。

土木技術者

土木技術者に求められるのは、現場の全員が迷いなく同じ方向へ進む状況をつくることです。具体的な業務としては、品質・安全・工程・原価管理や発注元・協力会社、職長との打ち合わせ、測量、竣工図書の作成、出来形管理、写真管理、資材発注等の業務に従事します。

土木技能者

土木技能者に求められるのは、様々な機械や重機を使用してものを作りだす力です。具体的な業務は、穴を掘る、埋め戻す、土を盛り固める、既存のアスファルトを剥がす、コンクリートを打設する、がれきを除去する、道具や工事に必要な資材の運搬、場内の清掃など現場に応じて多様な作業をこなします。

工事部・工務部の1日の流れ SCHEDULE

工事部

AM

8:00

朝礼にて作業指示

その日の作業内容や安全、その他の重要事項の伝達。
※現場の場所により早くなることがあります

AM

10:00

現場巡回

現場の進捗状況を確認し、事務作業(書類作成)を行います。

PM

12:00

昼食休憩

昼食をとり、仮眠をとります。

PM

13:00

工程打ち合わせ

工程、資材の確認、作業の調整等の業務を行います。

PM

17:00

業務終了

翌日の作業内容、その日の事務作業を終了し帰宅します。

工務部

AM

08:00

朝礼を行い、現地へ移動します

1日の作業内容を確認し、必要機材を準備して現場へ向かいます。
※現場の場所により早くなることがあります

AM

08:00

作業開始

工事現場において、各担当に分かれ作業します。

PM

12:00

昼休憩

昼食をとり、仮眠をとります。
(午前と午後に水分補給などの15分の休憩があります)

PM

13:00

作業開始

予定の通りの進捗にするため、作業の調整を行い作業を進めます。

PM

17:00

業務終了

時間まで作業を行い、後片付けをして帰路につきます。

石川組で一緒に働こう!